美容、整形、美顔器のお役たちサイト

 

気になる洗顔方法

洗顔で一番気になることと言えば、毛穴の汚れをきれいに取る方法です。そこでここでは、毛穴の汚れを落とす洗顔方法についてご紹介していきたいと思います。毛穴の目立つ原因には、2つのタイプが存在しています。

  • 皮脂づまり毛穴
    皮脂をためてそのままにしておくとその皮脂が酸化し、メラニン色素が沈着して黒ずんだり、余分な角質と皮脂が混ざって角栓になってポツポツと毛穴が目立つようになります。これは、皮脂分泌の盛んな方に多いタイプです。
  • タルミ毛穴
    毛穴の基本的な大きさは、思春期の皮脂腺の発達具合によって決まりその後は変わりません。しかし、年とともに肌のたるみにより皮膚が伸びる頬の毛穴は広がっていき、結果として毛穴が大きくなったように見えてしまいます。

毛穴汚れの洗顔方法

  • 丁寧なクレンジング

    まずはクレンジングする前に、蒸しタオルで3分ほど顔を蒸して毛穴を開くとより汚れが落ちやすくなります。そして優しく指の腹でクルクルとなじませながら、時間をかけて丁寧にクレンジング剤をメイクになじませていきます。ただし擦るのは厳禁です。使うクレンジング剤は、丁寧にマッサージしやすいクリームか、またはミルク状のものがおススメです。また、毛穴汚れがたまりやすいTゾーンや小鼻、アゴは特に丁寧に根気よくマッサージするようにしましょう。週1回、スペシャルケアとしてゴマージュやピーリング剤を使うのも効果的です。
  • 丁寧な洗い流し

    クレンジング剤がメイクに十分なじんだら、たっぷりのぬるま湯でしっかり顔をすすぎましょう。すすぎ残しがあると、肌荒れの原因になったり、せっかく浮き出てきた汚れが落としきれなくなってしまうので逆効果になってしまいます。
  • 徹底した保湿

    汚れをしっかり落としたあとは、化粧水でパッティングして毛穴を引き締めましょう。手のひらで頬に触れたときに、吸い付くくらいに潤いを与えるのが効果的。毛穴までたっぷり潤ったら、美容液、乳液、クリームなどで潤いを閉じ込めて終了です。
    ここでの化粧水の役割は重要!より良い化粧水選びを通販でするならサンプルのスキンケアなど実際合うか試してみるのもポイントです。
保湿

毛穴汚れを溜めない方法

もちろん洗顔石鹸選びも重要ですが、毎日の丁寧なクレンジングと、十分な保湿を続けることが一番大切です。それにより、毛穴の開きや黒ずみも解消され、お化粧のノリも変わってきます。日によってお肌のコンディションが違う女性は、自分で肌の様子を伺いつつ、生理中などお肌が敏感になる時期は弱いクレンジング剤を使ったり、皮脂の多く出る夏場はW洗顔をしたり、乾燥する秋から冬にかけては保湿液をしっとりしたものに変えてみるなど、その時期によってお肌と相談することも毛穴汚れを溜めない方法と言えます。毛穴に詰まってしまった黒ずみは、なかなか取れにくいものですので、一度専門家のケアを受けてキレイな状態にしてから、溜めないケアをしていくのもひとつの方法と言えます。

check

犬 服

2018/9/12 更新