美容、整形、美顔器のお役たちサイト

 

大人ニキビ

大人になっても発生してしまうニキビは、美容の観点から言っても天敵です。ニキビができるプロセスの第一は、皮脂が分泌されて毛穴が詰まることです。当然、皮脂が活発に分泌される思春期には、ニキビができる可能性が非常に高くなりますが、年齢と共に皮脂は少なくなってくるものです。しかし、それでも大人になってもニキビができる理由とはいったい何なのでしょうか?
ニキビができるプロセスの第二段階として、「皮脂と古い角質などが混ざり合って角栓となり毛穴を詰まらせる」ことが原因となります。つまり、第一段階である「皮脂の分泌」がそれほど過剰でなくても、お肌のターンオーバーがうまく行かず、角質が残っていれば、角栓が出来やすくなります。その結果、思春期でもないのにニキビが頻発するということになります。

ストレスをためない

生活やストレスが、ニキビの原因

ターンオーバーがうまく行かず、お肌が健全に新陳代謝できない本当の原因は、不規則な生活が原因のひとつです。栄養の偏った食事、睡眠サイクルの乱れはもちろん、喫煙やメイクもターンオーバーを狂わせてしまいます。特に、夜更かしした挙げ句、メイクを落とさず寝てしまうと最悪です。疲れていても、メイクはきちんと落とした方が角質のため、ひいてはニキビ知らずの肌のためになるのです。
もうひとつ、角質をたまりやすくする原因に、男性ホルモンの分泌過多が挙げられます。女性よりも男性の方が、脂性の人が多いことからも分かるように、男性ホルモンには皮脂の分泌を促す性質があるためです。女性もストレスがたまると男性ホルモンが増加し、その結果、従来は皮脂の分泌が少ない顎などのヒゲが生えるUゾーンに、ニキビが出来たりするのです。思春期ニキビはTゾーンに、大人ニキビはUゾーンに多発するのは、それぞれ成長ホルモンと男性ホルモンが原因なのです。

ニキビを増やさない食生活

ニキビをつくらない、増やさないために最も注意したいのは、やはりニキビ・プロセスの第一段階である、皮脂の分泌をできるだけ抑えることと言えるでしょう。ですから、皮脂を増やすような食べ物は、少な目にするよう心掛けたいものです。皮脂の分泌を増やすと言われている栄養素の代表は、お米やパン、ジャガイモなどの炭水化物です。生命維持のために欠かせぬ栄養素ですが、過剰に摂りすぎるとニキビの元ですので注意したいものです。また、糖分の摂り過ぎもニキビが出来る原因になります。特にケーキ、チョコレートといった、糖分だけでなく油分も多く含んでいる食品は、控え目にした方がいいでしょう。当然、甘くなくても、油分の多い揚げ物、スナック菓子なども控え目にして、ニキビ予防に。

髪からも発生するニキビ

十分な睡眠を取ったり、油性ファンデーションで毛穴をふさぐようなメイクは避けること。また、タバコやアルコールは控え目といった努力も、ニキビ予防には欠かせない要素です。また、運動したり、アロマテラピーなどで心を穏やかにしたりといった、定期的なストレス解消を心がけることも大切です。「ニキビが気になってイライラ」というのは最大のストレスになるため、今、大人ニキビに悩んでいるなら、できるだけそのことを考えないようにすることも必要になってきます。
そして、意外な盲点が「髪」です。シャンプーなどの成分がお肌に合わず、ニキビを発生させたり、ひどくしたりしているケースが結構あります。また、整髪料がニキビに影響を与えている場合もあるので、ニキビのできやすい箇所に髪が触れないような髪型にしたり、髪を縛って肌に触れないようにするなど注意するのも効果があります。
洗顔

正しい洗顔でニキビを改善

ニキビをつくる直接の原因は皮脂のため、最も効果的な対策は、皮脂をこまめに洗い流すことです。つまり「洗顔」が、ニキビ改善に重要なファクターと言えるのです。ただし、ニキビに悩んでいる方のお肌は、過敏な状態にあるため、刺激の少ないニキビを抑える無添加石鹸を使うようにしましょう。雑菌の繁殖を抑え、お肌にも優しい弱酸性の洗顔料で、できるだけ自然素材のものを選ぶと効果的です。なお、スクラブ洗顔は角質や角栓除去に効果が高そうですが、ニキビのできた肌には負担がかかりすぎますので、しばらく控えておきましょう。また、意外にも「髪」がニキビの原因になることが多いとご紹介しましたが、シャンプーやトリートメントなどが顔の皮膚に残っていると、ニキビを悪化させることもあるため、洗髪後に洗顔する習慣をつけるとニキビ予防になります。

ニキビ改善の食生活

過度な炭水化物や糖分、油分がニキビ悪化の原因となる場合があるのとは逆に、積極的に摂ることで、ニキビを改善する効果のある栄養素もあります。その代表はビタミンA・B群・C・Eです。ビタミンAを多く含む食材には、緑黄色野菜やレバーなどがあり、またB群の中でもニキビに良いと言われるB2、B6は同じくレバーに含まれています。ビタミンCは、レモンやオレンジなどをが思い浮かべますが、ブロッコリーにも豊富に含まれているため、シチューに入れて取るなどできます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるなど肌に効果的のため、美容には欠かせない栄養素といえます。ニキビに悩んでいない人でも、美容のために積極的に摂りたいものですね。なお、ナッツ類などに豊富に含まれるビタミンEと一緒に摂取すると、相乗効果が期待できます。

recommend

新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

最終更新日:2017/11/10