美容、整形、美顔器のお役たちサイト

 

角質をためずに健康美肌

「角質」と聞くと、それだけで悪者のように感じますが、角質層は肌表面をおおう重要な役割を持っています。角質がなければ、肌内部の水分が蒸発してカサカサになってしまいますし、真皮に外界からの刺激がダイレクトに伝わってしまうのです。とは言え、「角質があるから、カサカサしている気がするのは私だけ?」という疑問を持った方も多いと思います。角質がたまると、肌の透明感が無くなってきますし、お化粧のノリばかりでなく、化粧水や美容液など、スキンケア用品の浸透が悪くなってしまいます。また、角質層が厚くなるとゴワゴワするため、小じわなどのさまざまなトラブルの原因にもなります。角質をキレイさっぱり洗顔したいけれど、肌ストレスも和らげたい方もおおいはず。最近は無添加石鹸や香料も入っていないものが増えてきています。

●アトピーでも安心な石けんは、シミ・くすみの原因となる汚れをしっかり落としつつ、洗いあがりは驚くほどしっとりとしています。

角質のターンオーバー

このように、角質自体は決して「悪いもの」ではありません。角質がはがれ落ちるターンオーバーの乱れが皆さんのお悩みの原因なのです。通常、お肌は約28日周期で新しく生まれ変わっていますが、角質が上手くはがれ落ちないと、角質層が厚くなってしまいます。角質層が正常にはがれ落ちない場合には、紫外線や乾燥から肌内部を守ろうとして角質が厚くならざるを得ない理由などがあります。これを無理にはがすと、お肌は更に急いで角質を厚くし、肌を保護しよう働くため悪循環が生じてしまうのです。そのため、お顔の角質ケアは「優しく・そっと・無理しない」を意識した方いいでしょう。また、角質が安心してはがれ落ちることができるよう、保湿や紫外線ケアにも注意することが大切です。角質のターンオーバーは食生活や体内の健康も影響してきます。新陳代謝を促進させる水素水がここではオススメです。肌荒れの原因にもなる体内の活性酸素を水素水は排出してるれる優れものです。
ストレスをためない

ひじやひざ、かかとのケア

角質は肌を保護する機能を持っているため、無理に除去するとかえって角質化を促進してしまい、逆に悪影響を及ぼしてしまいます。ですが、ひじやひざ、かかとなどのように、硬化しやすく、ひと目にもつきやすい箇所に蓄積した角質は、美容と健康、両方の観点から、できるだけ除去する方が最適です。
ピーリング用のクリームを使ったり、軽石などのヤスリを使ってこすり落とす方が多いと思いますが、あまり削りすぎないように注意が必要です。また、お風呂の中など、角質が柔らかくふやけている状態でケアすると効果的。角質がボロボロ落ちている間にストップするようにしましょう。また、一度で削ろうとするのではなく、定期的にケアを行いケア後はクリームなどで保湿するようにしましょう。

角質を硬化させない生活環境

デイリーケアも心がければ完璧です。お顔の手入れに使ったコットンで、ひじやひざにローションをつけることを習慣化したり、オイルやハンドクリームなどで、ひじ、ひざはもちろん、かかとを保湿したりするのも効果的と言えます。ゴワゴワ度の高いかかとは、クリームを塗った後にラップなどで密封し、その上から靴下を履いて就寝するのもよいでしょう。また、角質は刺激を受けることで硬化するためデスクにひじをついたり、合わない靴を無理して履いたりといったことは、角質化を促進する結果に繋がるため、生活習慣を改善することも大切になります。また、横座りをするクセのある人は骨盤を歪ませる原因にもなり、くるぶしがタコのようになっていることもあります。足を流す方向を左右均等に交代するなど、角質化を避ける行動を心掛けましょう。

Favorite

中野区エリアでおすすめの葬儀社ランキング

Last update:2017/11/10