美容、整形、美顔器のお役たちサイト

 

皮脂が及ぼす美肌への影響

化粧崩れの原因となる皮脂。美容に気をつけている人なら、何かしらの対策を心掛けていると思います。朝はサッパリしていても、夕方になる頃には、額や小鼻の辺りがベタ付いてくるなど、多くの女性が経験をしているのではないでしょうか。最近は「あぶらとり紙は一年を通して常に持ち歩いている」という方も少なくないでしょう。そして、あぶらとり紙でまざまざと目撃できるアレこそが「皮脂」なのです。ご承知のように、私たちの全身をおおっている表皮の下には、真皮と呼ばれる結合組織の層があり、皮脂は、この層にある「皮脂腺」と呼ばれる腺から分泌される油脂状の物質のことです。分泌された皮脂は、通常、毛穴を通って老廃物と共に排出されますが、ターンオーバーが上手く行かずに毛穴が詰まると、皮脂がニキビの原因となってしまいます。

皮脂の役割

化粧崩れの原因となり、目詰まりすればニキビのもととなる皮脂は、女性にとって天敵とも言えるような物質に思われます。しかし、私たちの肉体に無駄に存在しているものなど、おそらくひとつもないのではないでしょうか。実際、一見すると女性の天敵のように思える皮脂にも、「肌や髪の潤いを保つ」という重要な役割があるのです。朝晩、顔を洗った直後は、顔の皮膚がちょっと突っ張ったような感じがしますが、あれは皮脂が洗い流されて、肌表面の水分が蒸発してしまうからなのです。保湿管理をするなら自分の肌にあった最適な化粧品を通販でさがしてみましょう。安いから…これでいいか!ではなく、小さな努力から美肌は保たれています。健康な素肌なら、何もせずにいても、しばらくすると再び皮脂が分泌され、落ち着いてきます。つまり皮脂は、分泌し過ぎれば厄介でも、足りなければ足りないで、肌や髪がぱさぱさカサカサになってしまう「天然のクリーム」と言えるでしょう。適切な量の皮脂が分泌されれば、むしろ、しっとり潤った肌と髪を手に入れることができるのです。

皮脂を抑えるには

皮脂の分泌が多く、吹き出物が気になるなら、こまめに洗顔し、表皮を清浄に保つことが最良の処置と言えます。肌表面の油分が減ると、かさつきの元となり、雑菌などに対する免疫力も低下するため、洗顔後は「しっかり保湿」「乳液やクリームなどでフタをする」というステップが大切です。また、洗顔が無理なら、あぶらとり紙でこまめに皮脂を取り除くようにしましょう。
多すぎる皮脂の分泌を根本的に抑えるには、生活習慣を変えることが大切となります。少し遠回りな方法に見えるかもしれませんが、下記のような方法以外に王道は無いといえるので、きちんとした生活習慣を送れるようにしたいものです。
皮脂を抑える
  • 和食中心の食事心掛けて、脂肪分、糖分は控え目にしましょう。
  • 夜更かしをせずに、睡眠不足を避け、規則正しい生活を送りましょう。
  • ストレスをためずに、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

保湿にも注意

多すぎる皮脂の分泌は、規則正しく健康的な生活を送ることで改善できますが、分泌が足りないのを増やすのは容易ではありません。そもそも、規則正しい生活をし、理想的な食生活を送っていても、生まれつきの体質で乾燥肌になりやすいという人は多くいらっしゃいます。では、お肌が乾燥気味の人の予防策とは、何でしょうか?その答えは「保湿重視のスキンケア」です。乾燥肌は皮脂ばかりでなくお肌の水分も足りていない状態ですから、まずローションをたっぷり使うことが必要になります。そしてコットンなどにローションを染みこませた「ローション・パック」を定期的に行うことが重要です。また乾燥の度合いによっては、こってりしたテクスチャのクリームで、肌表面をカバーすることが大切な予防策のひとつです。冬場の乾燥する時期は、更にシアバターを体温で溶かしながらマッサージをして、肌にしみ込ませるのもとても効果的です。近頃は、20代でもスキンケアをアンチエイジングに変えている女性も多いようです。保湿力や美容液の質がよく、少し高くても美肌のキープをしたいと投資するのですね。

check

横浜 フォトウェディング

2017/9/11 更新